アドワーズを使う

広告とキーワードを登録しておけば、Googleを利用して検索している人がキーワードに近い言葉で検索をかけたときに検索結果と一緒に広告が表示されます。「アドワーズ」とは大手検索エンジンサイト「Google」が提供している広告主向けのサービスです。集客アップや売り上げ向上などの成果につながりやすいのです。次に掲載したい広告、広告に関連したキーワードを選んで登録をします。

検索された単語やWebページの内容に対して広告を連動させて、利用者ごとに興味のある広告を効果的に出すことができます。Googleで検索するとその検索結果に連動させてWeb広告を掲載するのです。さらにグーグルアドセンスに契約しているWebページでキーワードの言葉に近い内容のWebページがあれば広告を表示できます。

地域性がある広告に関しては特定地域に対してだけWeb広告を表示するという設定もすることができます。 インターネットを利用する人が打ち込んだキーワードに関連している広告が自動的に表示されるので「検索連動型広告」とか「リスティング広告」とか「キーワード広告」とも言われます。このキーワードは広告と検索エンジンの閲覧結果を連動させる大切なものです。

広告を掲載したい広告主は、最初に申し込みをします。そのためアドワーズを利用することで興味のある人に対してピンポイン トで宣伝できるため、高い宣伝効果を得ることができます。利用者のクリック数でグーグルアドセンスへの課金金額が決定する仕組みとなっています。 一日の予算なども決める事ができるので、誤って飛んでもない金額を使ってしまうことがないのも、特徴です。


入札価格

入札価格によっても広告が表示される場所は変動します。1つ目は検索結果ページの右部分に表示されます。また短期間で高い集客力も期待できるというメリットがあります。パートナーサイトにも広告を掲載することができるため、広告主が選んだキーワードを検索したユーザー、つまり見込みユーザーに効果的に宣伝することができるのです。

アドワーズ広告の特徴をあげると、クリック課金制であることです。アドワーズ広告では手軽に作成できて作成とほぼ同時にWeb掲載されるため、急なキャンペーンを行う場合の告知などもすぐに対応できるメリットがあります。検索エンジンで単語を検索して、アドワーズ広告が表示されたとしても、その広告自体をクリックして開かなければ広告料が課せられるということはありません。さらにGoogleのアドワーズ広告に登録すると、GoogleのサイトだけではなくGoogleのパートナーサイトが運営している検索サイトやコンテンツサイトにも広告が掲載されることになります。

具体的に言うと、「入札金額*クリック率」によってスコアの高い順番に表示されるのです。なお、アドワーズ広告が掲載される順番に関しては、オークション制になっているので高い金額で入札した広告から順番に上位表示されることになります。2つ目は検索結果ページの一番上に表示されます。良質スコアが高ければ高い方が最小入札価格は低くなり、広告をクリックしたときに支払う価格も低くなるのです。

キーワードのクリック率や広告テキストとの関連性や該当キーワードの過去の掲載状況などによって品質スコアが決められています。そして最小入札価格を決めるためにキーワードの品質を評価するために使うのが「良質スコア」と言います。アドワーズ広告の表示位置は2ヶ所あります。


相互リンク
歯科 羽曳野市



キーワード

4つ目はイベントに関連するもの、特定の記念日、季節などに使う商品を提供する場合。例えば「正月」とか「夏」、「クリスマス」、「母の日」とか「父の日」、「バレンタインデー」、「運動会」とか「花火大会」といった感じです。さらに「商品の特徴」を組み合わせたキーワードも有効です。1つ目は対象地域が日本全国で、商品を通信販売したい場合。利用者が広告をクリックすることによって課金される仕組みです。

「商品カテゴリ」や「商品名」にプラスして「地域名」や「都道府県」や「最寄り駅名」などをキーワードとして追加するといいと思います。まず「商品名」や「商品カテゴリ」をキーワードとするのが当たり前です。一般的にお店にいってすぐに手に入りにくそうなものは、インターネットで検索して探す人が多いです。料金の上限を設定することも可能です。例えば「セキュリティシステム」とか「屋台」といった感じです。

キーワードはこのように設定することでより高い効果を期待することができます 。3つ目は通常お店では買えそうにないものを販売したい場合。アドワーズでは広 告掲載料金がタダです。例えば「商品名」は「みかん」、「商品カテゴリ」 は「くだもの」、「商品の特徴」は「みかん 無農薬栽培」といった感じです 。つまりアドワーズで広告掲載するのであれば、いかにして利用者にクリッ クしてもらえるか、選ぶキーワードがポイントとなってくるのです。 このキーワード設定を間違ってしまうと予想以上に費用がかかって採算が合わない などの問題がでてきますので要注意です。

わかりやすく商品カテゴリをキーワードとしてそのまま入れるといいと思います。例えば「ラーメン屋 横浜」とか「料理教室 大阪」といった感じです。商品を求める人が多くなると思われる季節や、記念日、イベントなどをキーワードとするといいと思います。2つ目は店舗がある場合、特定の地域だけを対象として提供したい場合。ここではキーワードづくりのポイントを紹介します。


チームの育成

1つ目は「チームの育成」。認定パートナー限定のイベントなどにも参加することができます。アドワーズのプロフィール欄にて認定資格を公開しておけば、Google公認のスキルを持っていることや今までのトレーニングの実績などを証明できます。このアドワーズの認定資格を持っていることで、最新のアドワーズに関して知識があること、実践的なスキルがあることを世界的に証明することができます。3つ目は「営業活動支援」。

アドワーズには世界的に認められている資格があります。資格取得をすることによってアドワーズのキャンペーンに関して効果的に管理することもできるようになります。Googleのパートナー検索へ登録しておくと、利用者がサポートを希望した際に認定パートナーとして紹介してもらうことができます。2つ目は「認定資格の公開」。Googleアドワーズの認定資格プログラムへ参加して、個人の認定資格や企業としての認定資格を取得すれば、アドワーズに関して確かな知識と経験を持っていることを公にアピールする道具となります。

Google認定パートナーであることを示すバッジを使うことを認められます。Googleのパートナー検索において認定パートナーとして登録を行えば、オンライン広告、マーケティングでのサポートなどを希望する広告主に対してあなたの企業が認定パートナーとして紹介されるため、結果新規顧客を獲得するのに役立ちます。認定パートナーになると、企業の営業活動において役に立つ特典を利用することができます。チームのメンバー全員でトレーニングを行うことによって全体的なレベルアップをしてチーム力を強化できるのです。

企業がアドワーズの認定パートナーとしてのステータスを取得することによって得られるメリットは、アドワーズの管理方法について熟知している企業であると専門性をアピールできます。認定パートナーのメリットは次の3つです。新規顧客を獲得する際に役に立つ割引クーポンを取得することができます。検索広告、ディスプレイ広告などについての知識やスキルをトレーニングによって習得することができます。


認定資格を取得した人

認定資格を取得した人には、証明書が発行されます。就職の際、転職の際など記入する履歴書にアドワーズ資格を記載することができますし、アドワーズの知識や経験をアピールすることができます。個人認定資格を取得するためにはGoogleの認定試験に合格する必要があります。Google側に支払う広告掲載費用や広告代理店へ支払うためのサポート費用をそれぞれ別に確認できるようにしておいてください。

個人認定資格を取得すると次のようなメリットがあります。サポート費用というのは様々な設定になっています。アドワーズの個人資格を取得することによって、アドワーズのプロフェッショナルになることができます。費用面については事前に確認するようにしてください。

アドワーズに関する知識やスキルをアピールしてビジネスチャンスを広げることができます。 オンライン広告関連の知識を持ってキャリアアップなどに活かしたいと考えている人には、Googleアドワーズの個人認定資格をおすすめします。アドワーズの利用規約にも同意することが必要です。2つ目は、アドワーズに関しては全世界共通の資格なので、知識習得をどこででも証明することができます。

3つ目は、上級者向け試験に合格したものとして、検索広告やディスプレイ広告、解析の分野やレポート機能などに関しての専門知識をアピールできることです。1つ目は、アドワーズツールに関しての知識を深めて実践に応用することができます。取得するための要件は、初心者向けの試験と3つある上級者試験のうちどれか1つに合格することです。認定資格を取得するためには、Advertisingの試験で初心者向けのものと上級者向けのもの、両方合格しなければなりません。


ニーズに合ったパートナー

自分たちが必要とするニーズに合ったパートナーを見つけてください。Googleへ支払う広告掲載料と広告代理店へ支払うサポート費用については分けて管理してそれぞれの金額を確認できるようにしてください。 サービス内容についても確認しておいてください。アカウントを実際に管理していく担当者にスキルがあることを確認した方がいいと思います。Googleアドワーズの認定パートナーはアドワーズ管理のスペシャリストです。

メールで質問することはできるかとか、継続的にサポートしてもらえるかとか、必要なサポートが受けられるのか確認することが大切です。選ぶ際に考慮した方がいいことをいくつか挙げていきます。アドワーズの認定パートナーによって得意とする分野やサポート内容が変わってきます。サポート費用には実に様々な設定があります。企業に認定資格というのは、個人の認定資格を持っている人を雇用することで認められることができます。

オンラインマーケティングや検索エンジンの最適化やマーケティング分野のコンサルタントとしてのスペシャリストです。次に費用についても確認します。必要条件を入力すれば認定パートナーを検索することができるオンラインサービスがあります。アカウントの実情についてもきちんと明確な説明ができることが大切です。

アカウントのマネージャー自身きちんと能力試験を受けて認定されているのかどうか確認が必要で す。Googleから届く請求書のコピーをもらうようにして広告費用がいくらくらいかか っているのか確認したほうがいいと思います。認定パートナーを探すときには、プロ フィールページをみるとか、直接問い合わせをするとかして事前に得意とする分野を 確認しておくことが大切です。どのような認定パートナーに依頼すればいいのか悩むと思います。 ここでしっかり認定パートナーを選んでおかないと、効果が十分に得られず損をしてしまう 可能性もありますので注意が必要です。



認定パートナー

アドワーズの認定パートナーへ広告業務を委託するメリットはどのようなことがあるのか見ていきます。ほとんどの広告主の場合、アドワーズに関して知識習得をする時間もあまりありませんし、広告のアカウント管理を行う時間も十分ありません。Googleのパートナー検索では、希望条件を入力することで簡単に認定パートナーを探すことができます。

Googleアドワーズの認定パートナーは、時間をかけて認定資格を取得するために知識や実績を積んだ人たちです。その専門知識を活用してキャンペーン効果を高めて、Googleの広告プログラムを上手に使って顧客を獲得するという新たなビジネスチャンスが生まれるのです。Googleアドワーズの認定パートナーを選ぶときには、広告掲載するニーズを検証してそのニーズに適したサービスをしている認定パートナーを探すようにしてください。

認定ステータスなどを調べたい企業がある場合は直接パートナー名を入力して検索することもできます。このようなとき、プロフェッショナルへ業務委託することで、時間を節約してかつ効率的に投資収益率を高めることができます。

入力項目には1週間あたりのアドワーズの予算費用や地域サポートの設定、必要な言語、Webサイトや業界などがあります。この ようなニーズなど諸条件を入力して必要なサービスを行っている認定パートナーを探すためには、Googleのパートナー検索を使 うと便利です。googleはこのほかにも様々な便利なサービスを展開し、発展させていますので、ぜひ自分に合ったものを 活用していみましょう。